• ヒロインズストーリー
  • 絵奈 真章
  • 妄想極秘ファイル

あらすじ

『彼女』と織りなす、真実のマテリアルブレイブ

死力を賭した絵奈との戦いの末、遙歩はアンリーシュトとしての能力を無くし、
絵奈は繭状のエニグマタイトの塊となり眠りについた。

自らの能力を取り戻し、絵奈を元に戻すため、旅に出た遙歩と『彼女』。
しかし旅の途中、神尾城島の研究所より繭の絵奈に異常があったと知らせが入り、
遙歩達は再び神尾城島に戻ってくることになる。

神尾城島に戻ってきた遙歩達が目にしたのは、新種のネオプラズムに襲われる研究所だった。
能力のない遙歩は苦戦するが、『彼女』たちの助けを借りてなんとか絵奈の元にたどり着く。
旅立った時より、小さく縮み生体反応の弱った絵奈の繭。近づくと絵奈の声が聞こえる。
同時に、新種のネオプラズムが遙歩と絵奈を襲う。
重傷を負いつつも、ネオプラズムを撃退した遙歩。
意識朦朧としながら絵奈の繭に触れると、あふれる光の中で絵奈の苦しげな声を聞く。

「終末の獣……新しい敵……」

その意味を理解するまもなく、意識を取り戻した遙歩。
だが、絵奈との再会は、遙歩のアンリーシュトとしての能力を復活させた。
絵奈がくれた力。それを胸に遙歩はネオプラズムを退ける。
遙歩は『彼女』とともに学園に戻り、今回の事件を調べることにする。
帰ってきた遙歩をチームメイトは再びリーダーとして迎え入れてくれるのだった。

「おかえり、鏑木遙歩!」

だが、数々の謎が遙歩たちチームユニゾンの前に立ち塞がる。
新種ネオプラズム、復活のエヴォルツィオン、終末の使徒、そして終末の獣……。
強大な敵との戦いの幕開け。問われる力の在処は何処に――

――進化のその先へ。

The tale of 『叶』

「お前はアタシのモノ」から「自分のモノで互いのモノ」

かつて叶と共に戦った友人の見舞いに、本土の病院に来ていた叶と遙歩。
だが、友人は病院にはおらず行方不明になっていた。
不安を隠し切れない叶と励ます遙歩。
そんな二人の元に、神尾城島の研究所からの連絡が入る。

神尾城島に戻り、ネオプラズムの襲撃を受けていた研究所を助け、力を取り戻した遙歩。
二人は学園に戻り、神尾城島で起きている異変を調べることになる。

旅から戻った生活の中で、さらに絆を深め合う二人。
だが、戦いの中で叶は思いがけない人物の影を見る。

意外な再会――それは叶の心の傷を疼かせる。
叶の過去と孤独とが今、明かされようとしていた。


The tale of 『エーリカ』

「真実(ほんとう)のノブレス・オブリージュ」

エーリカの実家に来ていた遙歩とエーリカは、
近隣で発生したネオプラズムを討伐に乗り出していた。
実家で貴族のお嬢様であると再確認した後だけに、
エーリカが先頭に立っての戦うことに、本当にそれでいいのか?
という疑問を感じる遙歩。
しかし「貴族だからこそ、他の方を守るために率先して戦うのですわ」
とエーリカのいつもの調子に、遙歩も頷く。
そんな折に、突如連絡が来て神尾城島に戻ることになる。

神尾城島に戻り、ネオプラズムの襲撃を受けていた研究所を助け、力を取り戻した遙歩。
二人は学園に戻り、神尾城島で起きている異変を調べることになる。

調べを進める中、再びエヴォルツィオンのカイザー、氷堂司と対峙する。
司から、エーリカの考え方に疑問を投げかけられる。
本当に弱き者を助けることを、エーリカ自身が望んでいることなのか?と。

司の問いに明確な答えのないエーリカは、遙歩と共に自らの心と向き合い、
真実のノブレス・オブリージュを導き出していく。



The tale of 『真白』

「隣にいる人と生きていくこと」

絵奈を救う方法を探しながら世界を見て回る真白と遙歩。
それは同時に、真白が広い世界を見るための旅でもあった。

旅路の中で、亡くなった妹のことを思う真白。
広い世界を見て回りたいと言っていた妹のためにも、
自分の世界を広げて、お土産話を持って帰りたいという。

そんな中、絵奈の異常を知り、神尾城島に戻ることになる二人。
新たな戦いに身を投じていくことになる。

旅でも島に戻ってきてからも、どこかズレているものの、日々素直な感情を示してくれる真白。
そんな甘えることもお姉さんぶることもする恋人と、遙歩は愛情を深めていく。

新たな戦いは、復活した敵たちとの戦いでもあった。
死者すら蘇らせる力を持つ真の敵『終末の獣』。
その力は、すでに亡くなっているはずの真白の妹にすら、
静かに忍び寄っていた。


The tale of 『光』

「不器用で真っ直ぐな彼女が見つける力の意味」

島から離れた遙歩と光は、光の故郷に立ち寄っていた。
目的は光の育ての親である「師匠」の墓参り。

抱きしめること。それが師匠から教えられた光の愛情表現。
墓参りをしながら、師匠との思い出を語る光。
そんな彼女の隣でこれからも支えていくことを師匠の前で誓う遙歩。

神尾城島に戻ってきてからも、
少し世間ずれしたところもある不器用な恋人と、
新しい恋の形を目指して奮闘していく。

だが、平穏ばかりでもいられない。
島に戻ってきた理由である新たな脅威『終末の獣』。
そして何より復活を果たした、宿敵ヴォルフラム。
圧倒的な「破壊の力」の前で、光は今一度、
自分の持つ力の意味を問いかけるのだった。


The tale of 『つぼみ』

「大切な場所を守るための発明少女の戦い」

島を出てからも、遙歩の力を、
そして絵奈を元に戻すために調査を続けていたつぼみ。

絵奈の異常をきっかけに島に戻ってくる。
つぼみにとっては大切な場所であるこの島に。

この島、神尾城島に来たから変われた。
すべてを冷めた目で見ていた自分から、
誰かを好きになることができるようになったというつぼみ。

帰ってきたつぼみと遙歩は、
島を襲う新たな敵「終末の使徒」との戦いを繰り広げる。

そんな中でも甘え上手なつぼみに戸惑いもドキドキも深まる二人。

だが「終末の獣」はそんな何気ない日常すらも蝕んでいく。
大切な場所を守るための戦いはまだ始まったばかりだ。