ストーリー

舞台紹介へ
「友達を作れないんじゃなくて、作らないんです。」そう自ら「ぼっち」を決め込んでいる主人公、柴宮浩斗。ちょっぴりコワモテの外見と普段の無愛想具合から、自らぼっちを決め込まなくても充分にとっつきにくいということは内緒…。「私のことは放っておいて。」そう思って毒舌を撒き散らし、周囲を遠ざけている超絶美少女、新倉朋美。なんだか似たものどうしな二人が出会うところから物語は始まる―「……付きあってくれる?」ある日の昼休み。中庭で一人飯を満喫している浩斗の前に現れた朋美の、想定外のセリフに焦る浩斗。予想外の勘違いに呆れ、冷静にキレる朋美。要は「放課後に連れて行くところがある」ということだったのだが、連れて行かれた先は学園でも良い評判を聞いたことがない、「アシスト会」なる生徒会管轄下の委員会。“おせっ会”なる異名を持つほどに学園生に恐れられていることくらいは浩斗も知っていたのだが…。